牧場について

土づくりから人づくりまで。

ヨーデルの歌詞にもあるように、ミルク屋は山の人気者、そして子どもから大人までみんなの人気者です。

私たちは、健康な牛を育てるために朝から日が暮れるまで、土を耕しては良い牧草やとうもろこしを栽培。おいしい牛乳をたくさん出してもらうために、牛たちとたわむれながら、丁寧に、心をこめて世話をしています。

やがて食卓を豊かにする牛乳を生み出す子牛を育て、命をつなげる仕事。金川牧場は、土づくり、草づくり、牛づくり、人づくりがコンセプトです。

すべてはおいしい1杯のために。

金川牧場の牧草は、種をきちんとまいて育てたもの。飼料用とうもろこしも、茎や葉をすべて刻んでサイロに入れて漬物(サイレージ)にします。牛たちは、「フリーストール・フリーバーン」という牛舎で飼養。牛たちは繋がれることなく、自由にえさを食べたり休んだり。そして、ミルキングパーラーという施設で搾乳しています。

1年365日、休むことなく丁寧に。こうして、牧場のみんなでこだわってつくる牛乳だからこそ、おいしい1杯ができるのです。

食卓を笑顔にするお肉も。

金川牧場では、姉妹牧場「ハイジ牧場」の展示家畜のバックアップとして、他の牧場ではめったにお目にかかれない乳牛品種も飼育。

さらに、和牛の受精卵を使用して、ホルスタイン種(乳牛)から上質な和牛を生み出す技術も持っています。優良稀少精液や受精卵、受精卵のドナー牛まで販売。都市近郊の牧場として人が利用しにくい食品残渣を有効活用するなどの配慮も行っています。

乳牛だけではなく、皆さまの食卓においしい笑顔を咲かせるお肉まで生産できるのが、私たちの特徴です。

会社概要

有限会社 金川牧場

北海道勇払郡安平町早来富岡316番地

TEL 0145-22-4024

※当牧場は個人の見学は受け付けておりません。